自分勝手に決めつけてたこと

名古屋ウィメンズマラソン

ゴール後にイケメンからティファニーがもらえるという、という嬉しいご褒美のあるマラソン大会。

今年は、メーカー枠でエントリー権を獲得したので、その枠で出るからには、そのメーカーの靴を履く義務がありシューズチェックがあるとのことで、慌ててシューズを買いに行きました。

私の足は日本人だから日本のメーカーしか合わない、足幅がフィットしない、痛い、合わないなどを理由に決まったメーカーばかりを好み、履いたことがないことから生じる不安に。そして、嫌だ嫌だとはまっていく。

でも、見方を変えれば、決まったメーカー以外の靴を履くよい機会であり、新しい扉が開かれる。

私、今回まさにそれでしたね。

足にフィットしなくて、どうしようかな~と悩みましたが、男性の靴、大きいサイズを購入しました。

試走してみると、自分の持っている足裏の力を信頼して!と訴えかけてくれました。足が踊りはじめ、気持ちよさそうにしている足がいるではありませんか。はじめて味わうこの感覚が楽しく、案外こちらの方が私の足に合ってるのじゃないかなと思いはじめたりしてます。

嫌だ。
合わない。

と自分勝手に決めつけてしまったと、、、。

今では新しいシューズを履き、ウキウキ、わくわくイケメン君からティファニーをもらえるとモチベーションが上がってます。

今までの自分の選択肢になかったメーカーの靴が履ける喜び、楽しさが増えたのもメーカー枠での義務があったからこそ。

嫌だと思ってたことが好転!

楽しく走ります。