ヨガ中に起こる生理現象

ヨガをしていると、涙が出てきたり、あくびや咳、くしゃみがでたりします。時には屁だって出ることあります。

先日、生徒さんからもそんなお声がありました。

声にしてなくても、このような感覚を味わっている方がいるかもしれないので、これらについて書きます。

ヨガの時間に上記のような生理現象が現れることは、自然なこと。

「周りの人に変に思われる」
「恥ずかしい」
「我慢しなきゃ」

と、周りに気を遣い我慢したり、不安になったり、その状況を受け入れられず戸惑ってしまうかも知れませんが、自然現象は我慢せずに出して下さい。

私自身もあくび沢山出るときありますし、悲しくもないのに滝のように涙が出ることもあります。
そんな時間をたくさん味わっています。

先日は、自分でも驚いてしまったほど、涙が止まらなかったのです。そこには、悲しい、苦しい、慈しむ愛などの感情は全くないのです。

逆に止めようと制御すると、変な音や器官が余計に苦しくなったりします。

気を遣うことなく屁するとスッキリしませんか?

自然に起こる生理現象をそのまますると、スッキリ気持ちいいですよね。

ヨガの練習中、鼻水も咳も涙も自然に出てくるものは、自然に出してデトックスしていきましょう!

せっかく身体が外へ出そうとしているのに、我慢して、また溜め込んでしまうのはもったいないですよ。