浄化の涙

前回のヨガ中に起こる生理現象 の続き

ヨガや瞑想で涙が出たり、涙がこみ上げてくるについて。

これは、ヨガをすることで心や身体が緩んで開放されて起きる現象です。
悲しい・嬉しいとか、そういう感情はなく、ただただ流れる水のように自然と涙が溢れてくることがあります。

~涙が出てくる理由は、人によって様々です~

日々の緊張が緩んで安心感が広がってきた涙。
心の奥底で蓋をしていた過去の出来事、ずっと我慢して内に秘めていた「悲しみ」「怒り」「不安」「辛さ」などの出来事が思い返され、その時の感情が蘇り出る涙。この時は、少し辛いかもしれませんが、それでも、涙とともに感情も体外に出してしまうと少し楽になったりします。悲しみも怒りも、傷ついたものも、今から全部受けとめて一緒にいるよ、と自分に合図するような意味もあり、またもう頑張ったよ。十分だよ。その感情そろそろ手放すタイミングだよ。と自分自身へメッセージを送る意味もあったりします。

「気持ち良いな~」「心地良いな~」など、今、この瞬間に幸せを感じて涙することも。
呼吸ができること、生きていること、周りの愛や優しさに感謝の気持ちで溢れ涙を流す場合も。

他にも涙が出る理由は色々あるかもしれませんが、心と身体の深い繋がりにアクセスした時、自分の深部に本当に寄り添えた時、自ら浄化の涙が始まり、身体から出る一滴の雫には大きな変革をもたらす力があります。

気づかない振りをしていても、”いずれ気づかされます”
実際に涙が流れるかもしれませんし、心で泣くかもしれません。理由はともあれ、どんな涙でも涙を出す、というのは大事なこと。目に見えない老廃物やネガティブ感情も一緒に流れていてくれます。

浄化の涙。涙を流した後は、どこかスッキリし、目が潤い、キラキラしてリニューアルされたような感じになります。

ヨガレッスン中に涙が出てきた時には、我慢せず、遠慮なく流してくださいね。

☆関連記事☆
ヨガ中に起こる生理現象