小さな喜び

一人暮らしをしていた頃は、真っ暗の家に帰るのが当たり前。

名古屋に戻ってからは、帰宅する頃には誰かがいるので家の灯りはついているのが当たり前。

今は、真っ暗な家に帰宅してる環境ですが、たまたま家に立ち寄った兄が家の灯りを付けててくれました。

兄の些細な行動が小さな喜びに、ほっこり心を温められた瞬間でした。

これが、もし、『なんで電気つけてくれなかったの』とやってくれるのが当たり前とか、自分の希望の押し付け、その人に期待するとしてくれなかった行為に苛立ったりするけど、期待せずいると、こういう些細な行動が幸せにさせてくれますね。

皆さんも毎日が小さな喜びに出会えますように。