日常に平穏と至福をもたらすヨガ八支則「ヨガ基礎知識」

一般的にヨガというと、マットの上でポーズをする、呼吸法をするイメージが強いですが、それらはヨガの一部にすぎません。
ヨガをすると身体の不調和が改善されたり、心がスッキリ軽くなったり、穏やかになったような感覚を経験したことがあるのではないでしょうか。
ヨガは、私たちがよりよく生きていくために大切なエッセンスが詰まった科学なのです。

呼吸法やポーズだけでなく「アシュタンガ=八支則(はっしそく)」という8つの段階・行法があります。


ヨガの思想「ヨガの八支則」とは

「ヨーガスートラ」という、紀元前後に賢者パタンジャリによってまとめられたヨガの経典の一つ。
経典というと、難しそうな感じがしますが、「ヨーガスートラ」は、健康と幸福を得るための教えを示すために記されもので、どのようにしてヨガを実践していけば良いかをわかりやすく書いた実用書という位置付けです。

ヨガ八支則

1.ヤマ Yama(禁戒)
他人や物に対して、守るべき5つの行動
・アヒムサ Ahimsa(非暴力・不殺生)
・サティヤ Satya(嘘をつかない)
・アステーヤ Ashteya(不盗)
・プラフマ・チャリア Brahmacharya(禁欲)
・アパリグラハ Aparigraha(不貧・執着しない)

2.ニヤマ Niyama(勧戒)
自分に対し、守るべき5つの行動
・サウチャ Saucha(清潔)
・サントーシャ Santosha(満足)
・タパス Tapas(鍛錬・苦行)
・スワディヤーヤ Swadhyaya(聖典、自己向上のための学習)
・イーシュヴァラ・プラニダーナ Ishvara pranidhana(自在神祈念、献身的な気持ち)

3.アーサナ Asana(坐法)
ヨガのポーズ、瞑想をおこなうための身体を整える準備

4.プラーナヤーマ Pranayama(調気・呼吸法)
呼吸をコントロールする

5.プラーティヤハーラ Pratyahara(制感)
感覚をコントロールする

6.ダーラナー Dharana(疑念)
集中、感覚を閉じ込めて周りの物が気にならなくなる

7.ディヤーナ Dhyana(瞑想)
瞑想、落ち着きのある静かな精神状態

8.サマーディ Samadhi(三昧)
悟り、心の平静を保つ精神的喜び

 アーサナの前にある1.ヤマ、2.二ヤマというのが、実はとても大切なヨガの基盤になる考えです。
ヤマ、二ヤマにはそれぞれ5つの項目があり、合わせて10項目になりますが、 「不殺生」から始まる仏教の十戒にも通じるものがありますね。

心身の統一や調和、自分自身と上手に付き合うために「ヨガ」をするのであれば、「off the mat(ヨガをしていない時間、日常生活)」にもヨガの八支則を取り入れ、ヨガを実践することができるのです。

日常生活にヨガの知恵が浸透し、マットの上だけにとどまらず、毎日の生活の中でたくましく生きてくることでしょう。


以前、ニヤマについて書いた記事 サントーシャ(知足)


賢者パタンジャリ↓