お盆

「生命のつながり」

私達には両親がいて、両親にもまたそれぞれ両親がいる。さかのぼっていくと、多くの人達がいたから、過去から現在まで、生命の繋がりがあり、今の自分がいる。

だから、私達は、ご先祖様に生命を繋いでいただき「ありがとう」と感謝し、繋いでいただいた方々であるから、大事にしています。

どうしても、”ご先祖様”という言い方をしてしまうと、過去のこと、昔のこと、昔の人達という 自分とは直接関係のない離れた存在と思ってしまいがちですが、「仏になったご先祖様」は、今現在も想いをかけてくださる、尊いお方達である と心強い存在のように感じるこの頃です。

死んで終わりではない
死が終わりではない

(仏になった)亡き人と共に生きる世界のよう

 

故人や先祖の霊を祀るためのお盆。

我が家は、今月なので、祖霊へのお供えをし、お仏壇に明かりを灯し、お線香を上げ、お花や供物をお添えし過ごしておりますが、いつもと違う人からのお出迎えで驚いているかのよう。